15年経過のプラスチックレジン

スタッフブログ

15年経過のプラスチックレジン

15年目に突入したレジン(保険診療のプラスチック) を
外すと思いもよらぬことが潜んでいることがある。

今回も例外ではなかった。
予想はできていたが、レジンの内部ではよろしくない状況だった。

なんとか神経は残せたが、
最初からインレーを選択していたら結果は違ったのではないだろうか…と
考えずにはいられない。

15年、20年、30年…と
患者さんの未来を考えた治療をしていきたい。