インビザライン用口腔カメラiteroを導入しました

お知らせ

インビザライン用口腔カメラiteroを導入しました

インビザラインをご相談頂く機会が増えてきたため、
当院では、インビザライン用口腔内カメラ「itero」導入しました。

◎患者さんをお待たせしない
お口の中をスキャンしたデータは、インターネットですぐに海外へ届きます。
今までだと、型を取ってから郵送・発送などの手間がかかるため、
治療開始までに時間がかかりましたが、すぐにデータを送ることができるため
患者様をお待たせすることも減りました。

 

 

◎患者さんの負担軽減
型を取る時に、お口の中にシリコンを入れるのですが、
嘔吐反射(おえっ…となってしまうこと)や匂いが苦手な方がいましたが、
口腔内カメラを数回あてるだけで済むので、その心配もなくなりました。
また、間違ってシリコン素材を飲み込んでしまうということもなくなるため、
安全性も高まりました。

 

「型とり」や「お待たせする時間」など
患者さんの負担は減らしていきたいな〜とずっと思っていたので、導入してよかったです。

インビザラインをしようかお悩み中の方、お気軽にご相談ください。